2017年01月13日

産経新聞に掲載


当NPO法人の本間理事の記事が、産経新聞に掲載されました。
(平成29年1月13日付)

ちょっと見づらいですが、主に明治期の九州電力と西日本鉄道の
創成期の内容など、佐賀の人脈も関連する記事です。

産経新聞は佐賀ではあまり馴染みがありませんが、
見ることが出来る方はご覧になってください。

掲載.jpg






posted by 皆んな寄っといで at 16:44 | Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
導流堤の記事は興味深く拝読させていただきました。
日本の各地にはデ・レイケに関わりのある土木構造物が残っていて、現役でっ活躍しています。二十年ほど前に、私はこれらの土木構造物をデ・レイケ関連土木遺産として、世界遺産に登録できないかと思い、デ・レイケが導流堤とどう関わり合ったのかを調べてみました。しかし、デ・レイケと導流堤の繋がりを示す文献は何一つ発見できませんでした。(デ・レイケが(仮)導流堤と関わりがあるのなら、断片的にでも残っていてもよさそうですが、、、、)
 ところで、筑後川には江戸時代に荒籠と云われる石の構造物が盛んに造られましたが、特に道海島に造られた百?荒籠は(仮)導流堤とその設計思想がとても似ています。
私は(仮)導流堤はデ・レイケの発案ではなく百?荒籠をモデルとして造られてのではないかと考えています。
Posted by 千歳川 次郎 at 2018年02月19日 08:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
ap85